2022年(令和4年)のお盆期間はいつから?7月盆と8月盆を解説

2022年(令和4年)のお盆期間はいつから?7月盆と8月盆を解説

夏が近づくと聞こえはじめる、お盆休みや盆踊り、お盆の帰省ラッシュという言葉。夏の風物詩ともいえるお盆ですが、具体的な期間はいつからいつまでなのか、何をするものなのか、意外とすぐ出てこないという方も多いのではないでしょうか。

このページでは、お盆の期間や具体的に何をするのかを、意味や由来なども絡めて徹底解説いたします。

2022年(令和4年)のお盆はいつ?

夏の風景

 

「お盆休み」や「盆踊り」という言葉があるので「お盆」が夏の行事ということは何となく知っているけれど、実際のお盆っていつ?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?
実は地域によって違いのあるお盆の期間、いつからいつまでなのかご紹介いたします。

  • お盆の期間は7月13日~7月16日もしくは8月の13日~16日。
  • 7月と8月のどちらに行なうのかは、地域によって違ってくる。
  • お盆はもともと旧暦の7月15日だったが、明治時代に旧暦が廃止となり新暦に移行した結果、7月にお盆を行なう地域と8月にお盆を行なう地域に分かれた。

2022年のお盆期間はいつからいつまで?

お盆の期間は地域によって様々ですが、一般的には8月13日~16日か7月13日~16日の4日間のところが多く、一部地域ではそれ以外の日程というところもあるようです。
いずれも7月8月の両方でお盆をしなければならないということはなく、どちらかの月で、年1回の行事です。

下のカレンダーは一例ですが、ご家族の皆さまが揃う日やお寺様のご都合などによって、多少前後する場合もあります。

7月カレンダー

8月カレンダー

7月盆(新盆)と8月盆(旧盆)とは?

よく7月のお盆を新盆、8月のお盆を旧盆と呼びますが、そもそも新盆旧盆とは何なのでしょうか?これには明治5年に行なわれた改暦が大きく関わってきます。

もともと日本は月の満ち欠けを基準とした旧暦でしたが、国を開き世界との交流が盛んになりはじめた明治時代になると、西洋と足並みをあわせる意味もあり、地球が太陽のまわりを一周する周期を基準とした新暦に改暦しました。

  • 旧暦...明治時代で新暦に変わるまで使用されていた暦
  • 新暦...明治5年から現在にいたるまで使われている暦

さて、お盆はもともと旧暦の7月15日に行なわれていましたが、当時東京などの一部地域はこの新しい暦に従い、新暦上での7月15日をお盆として受け入れました。しかし他の多くの地域にとって新暦の7月は農作業で忙しいなどの理由もあり、もともとの旧暦の7月15日に近い新暦の8月15日をお盆とするようになりました。これが7月盆と8月盆に分かれた地域がある理由であり、新暦にのっとった7月盆は新盆、旧暦のお盆時期に近い8月盆は旧盆、または月遅れ盆と呼ばれるようになりました。

地域ごとのお盆期間

地域によって異なるのであくまで一例ですが、代表的な地域とそのお盆時期をご紹介します。

  • 7月(新盆)東京都や神奈川県の一部、石川県や静岡県の一部
  • 8月(旧盆・月遅れ盆)…7月にお盆を行なう地域以外のほぼすべて

他にも沖縄県は8月中旬~9月上旬、東京都多摩地区の一部は7月31日〜8月2日にお盆を行なうなど様々です。

いつまでにどんな準備が必要なの?

灯りのついた提灯

 

さて、お盆期間はいつからいつまでなのかを見てきましたが、そのお盆を過ごすためにはどのような準備が必要なのでしょうか?ここでは準備の期間と、どのような準備が必要なのかなどをご紹介いたします。

  • お盆の準備は13日からでも良いが、余裕をもって事前に進める方が多い。
  • 飾るものは地域やお部屋にあわせて変わってくる。
  • お盆のご家庭へお供え物を贈る場合は、13日までに届くよう余裕をもって贈る。

いつから準備を始めて、いつ片付ける?

お盆の入りは13日なのでその日からでも問題ありませんが、当日あわただしくならないように、お盆の月の初旬から準備を進めておく方も多くいらっしゃいます。以下は準備の一例です。

  • 提灯を用意し組み立てる
  • 盆棚を組み立てて設置する
  • ローソクやお線香など足りないものがあれば用意しておく
  • お仏壇やお墓のお掃除をする
  • 初盆の場合は初盆用の白紋天や、お参りのお客様への返礼品の準備をしておく

新しく提灯などのお盆用品をそろえる場合は、お盆の前月からなど余裕をもって準備しておきましょう。そのほかにもお寺様の手配などは、もっと前から進めていただくと安心です。お寺様もお盆の時期は忙しい場合がほとんどですので、事前にご相談しておきましょう。
お盆が終わった後のお片付けは、送り火をする16日に行なうか、もしくは次の日以降に行なっていただいても問題ありません。

お盆のお飾りで必要なもの

お盆の準備を進めるにあたり、お飾りに必要なものを具体的に紹介していきます。以下は一般的なお飾りの一例です。

お盆飾りの例

お盆飾りの例
①位牌
②霊前灯
③御霊具膳
④常花
⑤火立て
⑥香炉
⑦盛器
⑧おりん
⑨牛・馬
⑩水の子
⑪みそはぎ
⑫線香差し
⑬マッチカス入れ
⑭まこも
⑮導師布団
⑯提灯
⑰ホーロク
⑱おがら
⑲掛軸十三仏

お盆飾りは地域によって変わってきますし、またお飾りをする場所も最近はリビングなど様々です。いろいろなサイズとデザインのお盆用品がございますので、お盆飾りの詳細はこちらをご覧ください。

お盆を迎えるご家庭へのお供え物を贈る

お盆を迎えるご家庭へのお供え物は、お線香などお仏壇まわりの消耗品や絵柄の入ったお盆提灯、お菓子や果物などがあります。食べ物を贈る場合は、夏場ということもあるので賞味期限には気を付けましょう。また宅急便で送るなら、先方が13日からのお盆に使えるよう日程に余裕をもって送りましょう。
以下に参考として、ご進物用のお線香と提灯をご紹介します。

進物線香

進物線香

ご進物用にお包みしたお線香やローソクの詰め合わせを贈ります。熨斗は初盆(もしくは新盆)のご家庭でしたら「初盆(新盆)御見舞」、もしくは「御仏前」「御供」などにすると良いでしょう。

>はせがわおすすめの贈答用品はこちら

提灯

提灯

絵柄の入った提灯を、ご親族や故人様と親しかった方から贈ることがあります。熨斗は初盆(もしくは新盆)のご家庭でしたら「初盆(新盆)御見舞」、もしくは「御仏前」「御供」などにすると良いでしょう。またお好きなサイズや絵柄の提灯を飾ってくださいという意味で、現金を贈るケースもあります。こちらも熨斗は「御提灯代」や「御佛前」「御供」などで良いでしょう。

>はせがわおすすめの提灯はこちら

お盆期間中の過ごし方について

 

お盆の準備についてご紹介しましたが、実際のお盆期間は何をして過ごせばいいのでしょうか?一般的な過ごし方について解説していきます。

  • 13日はお墓参りや迎え火を焚くなど、ご先祖様をお迎えする。
  • 14日15日は法要やお墓参りをし、ご家族や親しい方々とゆっくり過ごす。
  • 16日は送り火を焚いて、お盆飾りの片づけを始める。

13日(お盆入り)

お墓参り

ご家族みんなでお墓参りに行きます。「迎えは早く、帰りは遅く」と言われていますので午前中に行くことが良いとされています。お墓や道も混むので、早い時間のほうが空いているかもしれませんね。

迎え火

盆提灯に火を灯し、家の玄関先やお庭、ご家庭によってはお墓で「迎え火」をたき、ご先祖様の霊をお迎えします。ただし最近はマンションにお住まいの方も多く火が焚けない場合もあると思うので、絶対ではありません。

初盆用の提灯に灯りを灯す

初盆のご家庭は、初盆用の白紋天という白い提灯にも灯りをつけましょう。この白い提灯の灯りを目印に故人様が帰っていらっしゃるといわれています。

14日・15日(お盆のお中日)

お墓参り

ご家族の皆さまでお墓参りに行きます。

読経

お寺様に伺うかご自宅にご住職を迎えて、読経をしていただきます。お盆の時期はご住職も忙しいので、読経をお願いする場合はお盆の数か月前からご相談するようにしましょう。

マメ知識!

お盆の時期に行なう法要を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言いますが、同じ時期に行なわれることが多い仏教行事に「施餓鬼会(せがきえ)」というものもあります。それぞれ違うものなのですが、よく同一視されがちなのでご紹介します。

お盆の名の由来ともなった盂蘭盆会は7月もしくは8月の13日~16日に行なわれます。
一方施餓鬼会は、お盆の時期に行なわれることが多いもののお寺様によって異なり、中には毎日行われているところもあるそうです。仏教における餓鬼道というところで苦しむ餓鬼や無縁仏を供養することを目的としています。施餓鬼会はお寺様の行事なので、参加するにはお寺様から来た案内状やホームページなどから申し込まれるか、直接お尋ねになると良いでしょう。

・盂蘭盆会…ご自身のご先祖様を供養する法要。またはお盆そのものを指す。

・施餓鬼会…無縁仏や餓鬼へ施して自身の徳を積む儀式。行なう時期に決まりはない。

ご馳走をお供えする

三度の食事はご家族と同じものをお供えいただいて問題ありません。夏場なのでお供えものが傷まないように気を付けましょう。また早めにお供えをさげてしまって、皆さまでいただかれるのも一つの供養です。

会食

一般的に宗教、宗派に関係なく、親族や故人様と親しい方々を招いて会食をすることが多いようです。

そのほかにも、帰っていらっしゃったご先祖様をにぎやかにお迎えするという意味があるので、お盆の間はなるべく提灯の灯明を絶やさないことが良いとされています。明るい日中は消していても、夜のご家族が起きている間は提灯の灯りをつけておきましょう。

16日(お盆明け)

送り火

送り火

 

お家の玄関先やお庭、ご家庭によってはお墓で「送り火」をたいてご先祖様の霊をお見送りします。このとき一緒に初盆用の提灯やまこも、牛馬などを燃やしたりします。

※お盆の行事は地域によって様々です。

お片付けはこのまま16日に行なっていただくか、送り火が遅い時間になった場合は翌日にしていただいても問題ありません。盆棚に飾ったまこもや牛馬、初盆用の提灯などを送り火で燃やさない場合は、お塩で軽くお清めしたあと、お住いの地域の自治体に従った方法で処分しましょう。

提灯や迎え火・送り火など、必ず火を使わなければいけないの?

近年はマンションにお住まいの方も増えてきており、昔のように「火を焚く」ということが簡単にはできなくなってきました。できるご家庭はぜひしていただきたいのですが、難しい場合は必ずしも火を焚く必要はありません。

「火はつけられないけれど、やっぱり迎え火や送り火はしたい」という方に向けて、このような商品も出てきております。こちらはローソクなので、お家の中で簡単に迎え火や送り火ができます。

昔は提灯の中に火のついたローソクを入れて灯りを灯していましたが、最近は電池式のローソクが広く普及しています。こちらは災害時にも非常用の灯りとして便利だったという方も多くいらっしゃいました。

昔はよくナスとキュウリで作った精霊馬ですが、夏場なので傷みやすかったりします。ちりめんで作られたこちらの商品は毎年使えて処分の心配もないので、はせがわの人気商品です。

お盆の意味は?由来を知ってみましょう

法要風景

 

ここまでお盆についてご紹介してきましたが、そもそもお盆とはなぜあるのでしょうか?意味や由来を解説していきます。

  • 仏教における「盂蘭盆会」、または「盂蘭盆」が由来。
  • お盆と関係のある伝統行事が数多くある。
  • ぜひお盆はご家族の皆さまでゆっくりと団らんを。

お盆の由来

お盆は、715日(または815日)に行なわれる夏の御霊祭のことを指します。仏教における「盂蘭盆会(うらぼんえ)」、または「盂蘭盆(うらぼん)」を略した言葉とされています。その昔、お釈迦様のお弟子である目連様の母親が餓鬼道に落ちた時、お釈迦様の教えに従って多くの高僧たちに食べ物飲み物をふるまい、その施しの功徳が母を救ったところからはじめられたものとされています。

お盆の関連行事についてご紹介

「お盆=仏教の行事」という、少し難しいイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?たしかにご紹介したとおり仏教由来ではありますが、意外と身近な行事にお盆と深いかかわりがあったりします。いくつか有名なものをご紹介いたします。

お盆の関連行事

京都大文字焼き

お盆に行われる京都の伝統行事「大文字焼き」。正確には「五山の送り火」と呼びます。その起源は、平安時代とも室町時代とも言われ、お盆に帰ってきたご先祖様の魂を再びあの世に送り出す「送り火」と同じ意味があります。

精霊流し

お盆の風物詩として知られる「灯籠流し」。中でも有名なのは、やはり長崎の江迎千灯籠(えむかえせんとうろう)まつり。十五日夜、亡くなった人の霊を精霊船に乗せて西方浄土に送る行事です。爆竹や鉦(かね)が鳴り響く中、大小さまざまな船が列をなします。

打ち上げ花火

今ではすっかり夏の風物詩となった打ち上げ花火。もとはお盆の行事から始まったとされ、初精霊の供養に花火の火の粉で灯籠焼を行なったと言われています。中でも毎年8月17日に行われる熊野大花火大会は約300年の伝統を誇っています。

盆踊り

盆踊りは元来、亡くなった方の霊を迎えて慰めるための踊りで、その起源は平安時代中期に浄土教を広めた空也上人がはじめた「踊り念仏」にさかのぼるという説もあります。有名な徳島の阿波踊りも、もとは盆踊りだと言われています。

お盆の意味

中国から入ってきた仏教にもとづく盂蘭盆会と、日本に古来よりあったご先祖様に感謝する習慣があわさったものが、お盆として現在まで伝えられてきました。最近は離れて暮らすことも当たり前となってしまったご家族が一堂に会す機会です。ぜひご先祖様や故人様への感謝と供養をしつつ、思い出話などに花を咲かせながら団らんする、大切な期間でもあります。

まとめとお盆の時期によくご相談のある話題のご紹介

お墓参り

 

お盆の期間について、どのような準備をして、どのように過ごすのかをご紹介してきましたが、お盆は地域やご家庭、お寺様によっての違いが大きいので、はじめてお盆を行なう場合はぜひご親族やお寺様へご相談してみてください。
お盆には、普段なかなか集まることが難しいご家族の皆さまが一堂に会することかと思います。ぜひ皆さまで、お墓やお仏壇に手を合わせ、故人様との思い出を語らっていただければと思います。
また、お盆の時期はご親族やご家族でご供養の話し合いをするいい機会でもあります。最後に、お盆の時期によくご相談のある話題をピックアップしてご紹介いたします。

お仏壇のお買替えについて

お仏壇は代々受け継がれてゆくものですが、長い間使用していると傷んできたり、住宅環境が変わってお部屋とお仏壇のサイズなどが合わなくなってしまうこともあります。この場合、お仏壇の修理やリフォームを行なうことも可能ですが、最近では古いお仏壇は処分(ご供養)し、新たにお仏壇をお買い替えする方も多くいらっしゃいます。

ご家族が集まるお盆時期は、今あるお仏壇について改めて見直し、お買い替えを検討するのに適したタイミングであると言えます。

お仏壇の処分について詳しくはこちら

お仏壇処分ページのサムネイル画像

お仏壇処分(ご供養)4つの方法と費用

お仏壇処分を検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

お墓じまいについて

近年、少子化による影響や供養に関する価値観の変化などによって、今あるお墓の処分(お墓じまい)を検討している方が急増しています。皆様が集まるお盆の時期は、こうしたお墓じまいに関してもよくお話し合いが行なわれます。
ただし、お墓は代承継されてきており、ご先祖様のお骨が納められているものです。ただ単に墓石を撤去して終わりというわけではなく、現在菩提寺にお墓がある方は事前にお寺様へのご相談が必要になりますし、墓石を撤去したあとのお骨は新しく近くにお墓を建てて収めるか、納骨堂などに収めるかなど、個人の判断で進めるのはなかなか難しい場合が多いようです。

皆さまで受け継いでいくお墓なので、ご家族が集まるお盆にお話し合いをするのは良いタイミングなのかもしれません。

お墓じまいについて詳しくはこちら

お墓じまいページのサムネイル画像

お墓じまいとは?8つのステップと費用

お墓じまいを検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。