お盆の基本に関する基礎知識

お盆の基本に関する基礎知識
このページでは、「お盆」の基本に関する基礎知識をご紹介します。お盆の意味や歴史、お盆にまつわる有名な行事などについて解説いたします。
  • お盆…新暦の8月13日から16日(または旧暦の7月13日から16日)にかけて、ご先祖様の霊をご自宅にお迎えして供養を行う仏教行事。

お盆とは?歴史と由来

お盆は、7月15日(または8月15日)に行われる夏の御霊祭のことを指します。仏教における「盂蘭盆会(うらぼんえ)」、または「盂蘭盆(うらぼん)」を略した言葉とされています。

その昔、お釈迦様のお弟子である目連様の母親が餓鬼道に落ちた時、お釈迦様の教えに従って多くの高僧たちに供養し、母を救ったところからはじめられたものとされています。仏さまや先祖を偲び恩に感謝する、美しい行事です。

お盆にまつわる有名な日本の行事

大文字焼き(京都)

 大文字焼き(京都)

お盆に行われる京都の伝統行事「大文字焼き」。正確には「五山の送り火」と呼びます。その起源は、平安時代とも室町時代とも言われ、お盆に帰ってきたご先祖様の魂を再びあの世に送り出す「送り火」と同じ意味があります。京都の人々に親しまれている伝統的な宗教行事です。

精霊流し

精霊流し

お盆の風物詩として知られる「灯籠流し」。中でも有名なのは、やはり長崎の江迎千灯籠(えむかえせんとうろう)まつり。十五日夜、亡くなった人の霊を精霊船に乗せて「西方浄土」に送る行事です。爆竹や鉦(かね)が鳴り響く中、大小さまざまな船、千隻以上が列をなします。

打ち上げ花火(三重)

打ち上げ花火(三重)

今ではすっかり夏の風物詩となった打ち上げ花火。もともとはお盆の行事だったのが始まりとされ、初精霊の供養に花火の火の粉で灯籠焼を行ったものだと言われています。なかでも、熊野大花火大会は毎年八月十七日に行われ、約三百年の歴史と伝統を誇っています。

盆踊り(徳島)

盆踊り(徳島)

盆踊りは元来、亡くなった方の霊を迎えて慰めるための踊りで、その起源は平安時代中期に庶民に浄土教を広めた空也上人がはじめた「踊り念仏」にまでさかのぼるという説もあります。日本を代表する徳島の阿波踊りも元は盆踊りだと言われています。

お盆とお正月の関係性

通常のお盆飾りイメージ

お盆にはご先祖様が帰ってくると言われておりますが、実はお正月も、お盆と同様にご先祖様が帰ってくる行事であることをご存知でしょうか?

日本には元来より祖霊信仰があり、ご先祖様をお迎えする行事は、仏教伝来以前から年2回行われていたようです。

お盆とお正月、どちらも亡くなった方の魂をお迎えする行事ではありますが、仏事が強くなったのがお盆で、神事が強くなったのがお正月だと言われています。ですので、元来はお正月にもお盆と同様のお飾りをする形が正式とされています。

お仏壇のお正月飾り例

上記は、お仏壇のお正月飾り例です。このように、花瓶お膳(御霊具膳・おりょうぐぜん)は、ご法事やお盆などのタイミングだけでなくお正月にもお使いいただけますので、一式ご用意されておくと便利です。

>お盆特設サイトはこちら