お盆飾りを徹底解説!盆棚の飾り方やコンパクトなお盆飾りもご紹介

お盆飾りを徹底解説!盆棚の飾り方やコンパクトなお盆飾りもご紹介

お盆というと、季節の草花が描かれた美しい提灯や、なすときゅうりで作る牛と馬を思い浮かべる方も多いかと思いますが、実際お盆のご準備をするにあたり、お盆飾りは何を選べばいいのか、金額はいくらくらいするのかという疑問もおありかと思います。特に最近はリビングにお飾りをされる方やコンパクトなお仏壇をお持ちの方が増えてきているので、昔ながらのお盆飾りが参考にならない場面もあるのではないでしょうか?

このページではそんな疑問を持っている方に向けて、いつから飾り始めるのか、お盆飾りにはどのような意味があるのかといった基礎知識を解説するとともに、リビングやコンパクトなお仏壇とあわせたコーディネート例とはせがわのおすすめ商品もご紹介していきます。

お盆の時期とお飾りの期間

お盆飾りの期間

お盆の期間は地域によって様々ですが、一般的には7月13日~16日か8月13日~16日の4日間のところが多く、一部地域ではそれ以外の日程というところもあります。この4日間にお盆飾りをして、ご先祖様の霊をお迎えします。

飾りはじめはお盆の入りの13日からでも問題ありませんが、当日あわただしくならないように、お盆月に入ったら盆棚や提灯など、余裕をもって少しずつ準備を進めていきましょう。片づけは送り火が終わったら行ないますので、16日か、送り火の時間が遅かったら翌日にしていただいてもかまいません。

地域にもよりますが、仏具店などでは6月頃からお盆用品が並び始めます。逆にお盆の直前になると、人気の提灯などは売り切れてしまっている場合もあるので、たくさんの提灯を見比べて購入を決めたい方は、早めに揃えていただくといいかもしれません。

お盆飾りの祭壇「盆棚」「精霊棚」とは?

お盆飾りの祭壇「精霊棚」「盆棚」とは?

お盆になると、普段お参りしているお仏壇だけではなく、祭壇などの棚を使ったお盆飾りをすることが一般的です。これらは「盆棚」「精霊棚(しょうりょうだな)」と呼ばれ、ご先祖様をお迎えする場所となります。お盆の間はこの場所にお仏壇から出してきたお位牌を並べるので、ご先祖様は盆棚に滞在するとされており、こちらにたくさんのお供え物や提灯などを並べておもてなしをします。

様々なお飾り例は後半でご紹介しますが、ここでは一般的な盆棚を使った飾り方を解説します。

  • お仏壇の前または横に盆棚を設置し、盆棚の一番上にお位牌を並べます。霊前灯と呼ばれる小さな提灯や盆花を飾り、位牌のまわりを華やかにしましょう。
  • お供え物や普段お仏壇で使っているお参りの道具は、一番下の段に並べます。
  • 提灯は、ご先祖様の霊がお位牌へ向かわれるために灯りで道を作って差し上げる意味があるので、盆棚の脇に対となるようお飾りします。家紋の入った提灯と絵柄の入った提灯の2種類を飾る場合は、一番奥に家紋提灯、手前側に絵柄の入った提灯が来るようにし、扇形に広がるように飾りましょう。
  • より正式な形だと、盆棚の周りの四隅に青竹を立てて並べ、竹の上にしめ縄を張り巡らせて結界とし、しめ縄にはほおずきや昆布などを吊るしたりします。

お盆飾りの例

お盆飾りの例
①位牌
②霊前灯
③御霊具膳
④常花
⑤火立て
⑥香炉
⑦盛器
⑧おりん
⑨牛・馬
⑩水の子
⑪みそはぎ
⑫線香差し
⑬マッチカス入れ
⑭まこも
⑮導師布団
⑯提灯
⑰ホーロク
⑱おがら
⑲掛軸十三仏

お盆の時、お仏壇はどうするの?

お盆は盆棚がメインとなりますので、お仏壇には特別お飾りをする必要はありません。普段お仏壇で使っている道具も盆棚に持ってくるので、お参りも基本的にはそちらで行なっていただいて大丈夫です。もしスペースの問題でお仏壇と盆棚が全く違う部屋になってしまうようでしたら、お仏壇にはそこを守ってくださっている仏様(御本尊様)がいらっしゃいますので、手を合わせたりお水を差し上げたりなど、簡単でもなるべく感謝の気持ちをもってお参りしましょう。また決まりはありませんが、お盆期間中にお仏壇の扉を閉める地域やご家庭もございます。

盆棚はどうやって用意するの?

盆棚はひな壇型のものを仏壇店やホームセンターなどでご用意いただくか、ご葬儀の時の祭壇をそのまま保管しておいて盆棚として使われる方もいらっしゃいます。また、必ずしも大きな盆棚を使用しなければいけないということはございません。最近はリビングに飾られたり、お仏壇もモダンでコンパクトなものなどが多く、それにあわせたお盆飾りを検討される方が増えてきています。例えば、盆棚の代わりに経机などを用いて、お供え物やお花、精霊馬などの簡易なお飾りをするのも良いでしょう。これらはお盆が終わっても季節のお飾りやお供えなどにお使いいただけます。

盆棚の組み立て方

盆棚の組み立て方を動画でご紹介してます。

盆棚以外のお盆飾り「水棚」

基本的に盆棚などのお盆飾りはご自身のご先祖様をお迎えするためのものですが、水棚(みずだな)といって無縁仏を供養するための飾りを行なう地域もあります。これは今までご紹介してきた盆棚とは違って屋外に飾ります。水棚には蓮の葉の上に水の子(なすときゅうりを賽の目に切って洗ったお米をかけたもの)を供えることが多いようです。設置する時期やお参りの仕方は、地域やお寺様によって変わってきます。また、水棚は様々な無縁仏の霊ももてなすためのものなので、屋内には別途ご先祖様のための盆棚を飾ります。

基本のお盆飾りに使用するものとその意味

お盆飾りの意味

お盆飾りは、故人様への気持ちを形で表すためのものです。久しぶりに帰っていらっしゃる故人様への歓迎の気持ちを込めて、華やかなお盆飾りで盛大にお迎えしましょう。きれいな提灯をお飾りするのはもちろん、果物などのお供え物やお花をたっぷりご用意すると、一層華やかにお迎えすることができます。
提灯をはじめとしたお盆で飾られるお道具には、実はいろいろと意味があります。ここでは代表的なお飾りの由来や意味をご紹介していきます。

一般的なお盆飾り

まずは通常のお盆で使用するお盆飾りと、それぞれの意味をご紹介します。

提灯

盆提灯

帰ってくるご先祖様への目印として、昔は外に灯篭を高く掲げていました。今でもこの風習が残っている地域もありますが、これに足を付けて室内に置いたものが提灯です。昔は灯りが贅沢品でしたので、提灯飾りは最上のお供え物であり、多いほど良いとされました。さらに提灯には「花」と「火」という、お仏壇でも大切にされている「三大供養」のうちの2つを表すという意味もあります。

まこも

まこも

結界としてお盆飾りの下に敷く、すだれ状のゴザです。まこもは「病を癒す」「邪気を祓う」という意味を持つ霊草として昔から大切に扱われてきました。

蓮の葉・水の子

蓮の葉・水の子

水の子とはなすやきゅうりを賽の目に切ったものや、洗った生米を混ぜたもので、煩悩を祓う意味があります。
この水の子や果物を載せるために蓮の葉をお皿として使います。

牛馬・精霊馬

牛馬

ご先祖様を乗せて、お浄土と私たちの世界の送り迎えをする牛と馬のお飾りです。なすやきゅうりに割り箸などで脚をつけて作ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。「行きは早く駆ける馬に乗って、帰りは別れを惜しみながら牛でゆっくりと帰る」という意味があり、きゅうりは馬を、なすは牛を表します。

ほおずき

ほおずき

提灯のような形をしているので、ご先祖様の霊が使うための赤い提灯として飾ります。

みそはぎ

みそはぎ

みそはぎは、ちょうどお盆時期の8月半ばごろに盛りを迎える花です。水辺に咲く赤紫色の花で、諸説ありますが禊で使われていたことから「みそはぎ」、漢字では「禊萩」と表すとされています。地域によってはみそはぎを数本束ねたものを盆棚にお飾りし、お参りの際に、水に浸したみそはぎで「水の子」に水を振りかけ、餓鬼道に落ちてしまった方の喉の渇きを潤すためのご供養を行うところもございます。

十三仏

十三仏

十三仏はお盆に限定したものではなく、ご命日や回忌法要の時などにも飾られます。十三の仏様に見守っていただくことで、故人様がより早くお浄土へ行くことができるという願いが込められています。

十三の仏様の意味

十三の仏様にはそれぞれ意味や役割がございますのでご紹介します。例えば初七日を司る不動明王様は、故人様が迷いなく死後の世界へ旅立たれるように、その手に持った剣で未練を断ち切ってくださると言われています。

十三の仏様の意味

新盆(初盆)のお盆飾り

故人様が亡くなられた後に初めて迎えるお盆のことを「新盆(または初盆)」と言います。通常のお盆と飾るものはほとんど変わりませんが、新盆の時にだけ飾る「白紋天」という白い提灯があります。また、新盆は法要やお参りのお客様が多い場合がありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

>>新盆(初盆)とは?いつ何を準備する?基本を解説

白紋天(しろもんてん)

白紋天

新盆(初盆)のご家庭のみに飾られる提灯で、軒先などに吊り下げてお飾りするのが一般的です。最近はマンションなどにお住まいの方も多いので、室内のカーテンレールに飾ったりする場合もあります。初めてのお盆で家へ帰ってくる故人様の霊が迷わないための目印という意味があり、翌年以降は使いません。

地域ごとのお盆飾り

お盆の飾り方は地域によって本当に様々なのですが、一例として茨城・北関東地方のお盆飾りをご紹介します。

茨城地方・北関東地方

茨城地方・北関東地方

主に茨城地方や北関東地方に多いお飾りです。紋入りの住吉提灯を準備し、ご先祖を盛大にお迎えします。

北関東地方

北関東地方

主に北関東地方のお盆飾りです。祭壇型のものとは違い、木枠で組まれた盆棚に飾ります。掛け軸には十三仏をご安置し、ご先祖をお迎えします。

また、一部関東地区で使用される盆用品をご紹介します。こちら以外にも、各地域によってお盆の迎え方は様々です。

砂盛り

砂盛り

主に神奈川県の一部で使われます。こちらに川砂を敷き詰めて、お線香や盆花を差してご先祖をお迎えします。

新盆 旅装束

旅装束

神奈川・東京近郊の一部地域で使用するお盆用品です。新盆で使用します。かけ袋の中にお米を入れてお施餓鬼供養法要の3日前までにお寺様へ届ける習慣があります。扇子や草履はご先祖様が現世と浄土の行き来に少しでもお疲れがでないようにという想いが込められています。

お盆飾りとお仏壇とのコーディネート例のご紹介

飾り方のご紹介

基本的なお盆飾りとその意味を解説してきましたが、具体的にどう飾ればよいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか?ここからは、様々なお仏壇のタイプにあわせて、お盆飾りのコーディネート例をご紹介していきます。

コーディネート例①現代風・床置きスタイルの仏壇とお盆飾り

床に置くモダンデザインのお仏壇とお盆飾りのコーディネート例です。大きな盆棚ではなくお供物壇という台を使用しています。こちらはお盆以外に、季節のお飾り等でご使用いただく方も多くいらっしゃいます。

 

床置きスタイル

使用している商品

新型提灯 現代行灯大 桔梗

①新型提灯
現代行灯大
桔梗

新型提灯 tomori ウォールナット

②新型提灯
tomori
ウォールナット ×2 ※1

略式御霊具膳 PC 6.5寸

③略式御霊具膳
PC 6.5寸

お供物壇 ブラウン 45cm

④お供物壇
ブラウン
45cm

格子背景 ブラウン

⑤格子背景
ブラウン

タペストリー十三仏 パープル

⑥タペストリー十三仏
パープル

飾り台

⑦飾り台

ちりめん 牛馬飾り プレミアム

⑧ちりめん 牛馬飾り
プレミアム

ちりめん お供物 台付

⑨ちりめん お供物
台付

LEDワックスベース 睡蓮

⑩LEDワックスベース
睡蓮 ×2※1

花瓶 銀彩ホワイト 6号

⑪花瓶
銀彩ホワイト
6号 ×2※1

花瓶 銀彩ホワイト 8号

⑫花瓶
銀彩ホワイト
8号

新名物裂 敷物 大 紫 グラデ荒磯紋

⑬新名物裂 敷物 大 紫
グラデ荒磯紋

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

コーディネート例②現代風・上置きタイプのお仏壇とお盆飾り

シンプルでコンパクトなお仏壇とお盆飾りの例です。限られたスペースの中でもお部屋の雰囲気を壊すことなく、しっかりとお迎えできます。

上置きスタイル

使用している商品

新型提灯 ほのか 華 対

①新型提灯
ほのか 華

プリエール 白バラ

②プリエール
白バラ ×2※1

迎え火・送り火 ローソク

③迎え火・送り火
ローソク

LEDキャンドル ひととなり 蓮

④LEDキャンドル
ひととなり
蓮 ×2※1

新名物裂 敷物 大 銀ネズ 笹蔓紋

⑤新名物裂 敷物 大
銀ネズ
笹蔓紋

飾り台

⑥飾り台

ちりめん 牛馬飾り ほおずきセット

⑦ちりめん 牛馬飾り
ほおずきセット

ちりめん お供物 台付

⑧ちりめん お供物
台付

花瓶 銀彩(ぎんさい)アンバー 寸胴6号

⑨花瓶
銀彩(ぎんさい)アンバー
寸胴6号

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

コーディネート例③伝統的・床置きタイプのお仏壇とお盆飾り

床に置く伝統的なデザインのお仏壇と相性のよい、クラシカルなお盆飾りです。お盆棚はお仏壇の前か横の場合が一般的です。

床置きスタイル

使用している商品

行灯 ゆり山水

①行灯
ゆり山水 ×2※1

新型提灯 みやび 黒 対

②新型提灯
みやび
黒 対

霊前灯 張1号 黒 対

③霊前灯
張1号
黒 対

盆棚 3段 83cm

④盆棚
3段
83cm

3段盆棚用 金襴どんす

⑤3段盆棚用
金襴どんす

お盆用品12点セット

⑥お盆用品12点セット

十三仏 堀部修一 作 4尺

⑦十三仏
堀部修一 作
4尺

飾り台

⑧飾り台

花瓶 銀彩ピンク 8号

⑨花瓶
銀彩ピンク
8号 ×2※1

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

コーディネート例④伝統的・上置きタイプのお仏壇とお盆飾り

台の上に置くコンパクトな伝統型のお仏壇にあわせたお盆飾りです。伝統的なお飾りの中に、モダンな感性が感じられるアイテムを入れても違和感なくお参りしていただけます。和室はもちろん、洋室にも自然に調和します。

上置きスタイル

使用している商品

新型提灯 立花 芙蓉

①新型提灯
立花
芙蓉 ×2※1

新型提灯 ひまり ピンク 対

②新型提灯
ひまり ピンク

盆棚 2段 54cm

③盆棚
2段
54cm

2段盆棚 54cm用 どんす ベージュ

④2段盆棚
54cm用
どんす ベージュ

盆花 銀

⑤盆花
銀 ×2※1

盆花用花瓶

⑥盆花用花瓶 ×2※1

盛器 5寸

⑦盛器
5寸

御霊具膳 PC 5寸

⑧御霊具膳
PC
5寸

精進料理セット ご先祖さま

⑨精進料理セット
ご先祖さま

飾り台

⑩飾り台

ちりめん 牛馬飾りほおずきセット

⑪ちりめん
牛馬飾りほおずきセット

花瓶 サンキライ 8号

⑫花瓶
サンキライ
8号 ×2※1

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

お盆飾りのお片付けについて

お盆飾りのお片付けについて

16日の送り火を無事終えたら、その日のうちかもしくは翌日以降にお片付けをします。「翌年以降も使えるの?」「処分する際はどうしたらいいの?」など、よくご質問をいただくお盆用品のお片付けについてご紹介いたします。

新盆だけのもの・使い切りのものについて

【提灯】

新盆の場合のみ使用する白紋天という白無地の提灯は新盆の一回きりです。翌年以降は使用しませんので、お寺様にお納めするか、送り火で一緒に燃やしてしまうのが一般的です。送り火を行なえず、お寺様にも引き取っていただけない場合は、お塩でお清めして紙に包むなどしてから、自治体の処分方法に従って処分していただいても問題ありません。

【お盆用品】

まこも・牛馬のお飾りが基本的にその年限りのものです。翌年も使ってはいけないという決まりがあるわけではないのですが、植物を使用して作られているものがほとんどなので、綺麗に保管しておくことが難しく、お盆が終わるごとに処分し、翌年のお盆で新たに用意するのが一般的です。こちらも送り火で一緒に燃やしてしまうか、お塩で軽くお清めした後に自治体の処分方法に従って処分する場合が一般的です。
ただし絶対翌年以降も同じものを使ってはいけないということはありません。最近はちりめんで出来た牛馬など、毎年使っていただけるような商品も増えてきました。また菩提寺のお考えや地域によっても変わってくるので、不安でしたらお寺様へお尋ねすることをおすすめいたします。

大切に保管して翌年以降もお使いいただけるものについて

盆棚や絵柄・家紋の入った提灯、お供え物用のお膳や盛器、花瓶、迎え火送り火を燃やすときのお皿のホーロクなどは、翌年以降もお使いいただけます。お盆が終わったら大切に保管しておきましょう。提灯は素材にもよりますが、絹で出来たものなどは虫に食われやすいので、しょうのうなどの防虫剤と一緒に箱にしまわれるとより長持ちします。
ただし一部地域やお寺様によってはお考えが違うこともございますので、不安でしたらお寺様へお尋ねしてみましょう。

はせがわのおすすめ商品のご紹介!

はせがわのおすすめ商品のご紹介!

最後にはせがわおすすめのお盆商品について、ここまでで触れられなかったものを一部ご紹介します。この他にも豊富な商品をご用意しておりますので、はせがわオンラインショップもあわせてご覧ください。

お盆用品セット

もちろんひとつひとつ商品がございますが、はせがわでは必要なお道具をセットにしたものもご用意しております。何から揃えていけばいいか分からないという方にお勧めです。

お盆飾りに必要なものが入っています。こちらとお好きな提灯などをご用意してお飾りしましょう。精進料理用の御霊供膳や、迎え火送り火の道具も入っています。
リビングなどの限られたスペースで飾られる方にお勧めです。人気のちりめんで作った牛馬や小さな提灯もセットになっており、迎え火送り火はローソクタイプです。

モダンでコンパクトな提灯

最近は小さいコンパクトな提灯やモダンなデザインの提灯も増えてきました。盆棚でお位牌の両脇に設置して霊前灯としてお使いいただいても良いですし、リビングのサイドボードの上のお仏壇まわりに飾っていただくような使い方もできます。

高さは34㎝と小型ですが、木製で絵柄も手描の本格使用です。
こちらはミニサイズでコードレスのため場所も取りません。4色展開です。

お供え物のちりめん飾り

はせがわでは、夏場に傷みやすいなすときゅうりの牛馬やお供え物について、オリジナルのちりめん小物としても販売しています。生ものと違って傷まないので処分の心配がなく、防虫剤と一緒に保管していただければ毎年お使いいただける大人気商品です。
お仏壇や盆棚の飾りとしてだけでなく、玄関やリビングのちょっとしたスペースに飾ってもかわいらしい作りになっています。

お盆に欠かせないきゅうりの馬となすの牛を、ちりめんで丁寧に作りました。
盆棚にお供えものと一緒にお飾りする他、玄関飾りにする方もいらっしゃいます。

ご紹介してきたものの他にも豊富な商品をご用意しておりますので、はせがわオンラインショップもあわせてご覧ください。また提灯などをご贈答品として発送する場合は、オンラインショップでのし紙(かけ紙)のご利用も承っております。

>>はせがわオンラインショップはこちら

お盆関連記事はこちら

お盆提灯の総合ぺージはこちらです。

「お盆提灯」特設通販サイトのサムネイル画像

はせがわの「お盆提灯」特設通販サイト

お盆はご先祖様や故人様を優しくお迎えする風習です。2022年の新作盆提灯に加え、セット品や盆棚など豊富な商品紹介のほか、お盆の期間や意味、新盆についての解説もしています。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。