お彼岸におすすめの食べ物、NGな食べ物をご紹介。困ったら○○がおすすめ!

お彼岸におすすめの食べ物、NGな食べ物をご紹介。困ったら○○がおすすめ!
春(3月)と秋(9月)の年2回に行われる仏教行事であるお彼岸。お彼岸では、仏壇へのお参りやお墓参りのついでに親族が家に立ち寄られることも多いかと思います。今回はそういった時にもおすすめのお料理や、定番となっているお供えの「おはぎ」「ぼたもち」などについてもご案内いたします。また、お供えやご親族にもおすすめな料理もご紹介いたします。

お彼岸の食べ物っていつもと違うの?

お彼岸の食べ物?

せっかく親族が集まるんだからとにかくみんなが好きなものをおなか一杯食べるという選択肢もあるかと思いますが、ここではお彼岸の意味をお伝えすることで、なぜ普段と少し違うものを食べるのかをお伝えします。

お彼岸の食事は修行の1つ

修行

お彼岸の語源は、サンスクリット語(古代インド・アーリア語に属する言語)の「paramita(パーラミタ)」で、漢訳すると「至彼岸(とうひがん)」となり、「彼岸に至る」という意味を持ちます。
仏教伝来により、日本では現世を「此岸(しがん)=こちらの岸、欲や煩悩にまみれた世界」、悟りの世界を「彼岸(ひがん)=向こう岸、仏の住むお浄土の世界」と考え、仏教の教えに従って精進する(修行を行う)ことで、煩悩や生老病苦に満ちた世界を脱して悟りの境地に至ることができるとされました。
お寺で僧侶がよく召し上がっているような食べ物を食べるのも実は精進(修行)の1つなのです。

3月の春分の日と9月の秋分の日は「あの世」と「この世」がもっとも近くなる日なので仏教的に重要!

なぜお彼岸は3月と9月にあるの?

仏教では、西方の遥か彼方にお浄土の世界があるとする「西方浄土(さいほうじょうど)」の考えがあります。
お彼岸の時期は、太陽が真東から出て真西に沈む期間であることから、この西方にあるお浄土への道しるべができる時と考えられていました。
また、昼夜がほぼ同じ長さになる期間でもあることから、1年の中でお浄土との距離が最も近くなり、思いが通じやすくなる時ともされています。

お彼岸にはどんな食べ物をたべればいいの?

豪華な食事

お彼岸には、お供えした「おはぎ」を食べるイメージはあるかと思いますが、おはぎばかりを食べるわけにもいきません。それ以外におすすめの食べ物をご紹介します。

精進料理

精進料理

お寺様が召し上がる食べ物として真っ先に思いつくのが精進料理だと思いますが、お彼岸でも代表的な食べ物になります。仏教では殺生を禁じておりますので、肉や魚などの殺生を避け、煩悩を刺激しない料理のことを指します。お彼岸ではお仏壇にも御霊供膳の上に精進料理を載せてお供えいたします。

お盆やお彼岸・ご法事の時に仏さまに精進料理をお供えする器です。 不殺生の教えに従い、魚や肉、酒は避け、ご飯、お吸いもの・味噌汁、香もの・漬物、煮物・あえもの、等をお供えします。プラスチック製のため、水洗いが可能です。

お供えに使用する御霊供膳に関する基礎知識

そば・うどん

彼岸そば

「彼岸そば」「彼岸うどん」といった呼ばれ方でおそばやうどんを食べる地域があります。「年越しそば」や「運ドン」など「そば」や「うどん」は縁起が良いとされたり、弱った胃腸を整え、内臓をきれいにする食べ物とも言われています。

お赤飯

お赤飯

小豆の赤い色が魔よけの色だったため、もともと節分の豆まきの豆は小豆が使われていました。小豆を使ったお赤飯も魔よけの食べ物として未だにお彼岸で食されることが多いです。
還暦祝いや七五三などといった慶事で赤飯を食べるのも同様の理由です。

天ぷら

天ぷら

魚や肉、卵の天ぷらを避け、野菜やキノコをあげたものを精進揚げといいます。春彼岸にはタラの芽やたけのこ、秋彼岸にはきのこやナスなど季節に合った食材を使うことがおすすめです。関西では「つけ揚げ」「衣揚げ」とも言います。忌中となる 四十九日までにもよく食されます。

寿司

いなり寿司

五目寿司やいなり寿司もお彼岸の代表的な食べ物の1つです。肉や魚を使わず、山菜やれんこんの酢漬けなどを使用して作ります。酢飯に細かく刻んだショウガ、梅などを混ぜると日持ちが増すようです。

故人様の好きだったもの(おすすめ)

いなり寿司

家族や親族と個人様の好きだったものを召し上がると自然と故人様の思い出話などで会話も盛り上がります。また作る過程でも故人様の事を思い出すいい機会にもなります。故人様のことを想うことは立派な供養となりますので、おすすめの食べ物です。

汁物

けんちん汁

精進料理や和食では「一汁三菜」や「一汁一菜」というように汁物を重要視します。こちらも肉や魚を使わないけんちん汁やきのこ汁、だいこんの味噌汁などが代表的です。

NGな食べ物

地域やお寺によっては、精進料理には使用しない三厭(さんえん)と呼ばれる獣・魚・鳥などの食べ物や、五葷(ごくん)と呼ばれるニンニク・タマネギ・ネギ・ニラ・ラッキョウなどを避けることもあります。詳しくはお寺様や年配の親族の方に相談してみましょう。

お彼岸のお供えってどんな食べ物がいい?

 

お彼岸は仏教的に大切な期間。お墓参りに行ってお墓のお掃除をしたり、お寺様を呼んで読経して頂く井互いに仏壇へのお供えも少し特別にされる方が多くみられます。また、お供えとしてお花や線香を持っていくこともあるかと思いますが、ここではお彼岸の食べ物のお供えについてご説明いたします。ご自宅のお仏壇のお供えや、ご親族のご自宅へ伺う際の手土産にご参下さい。

おはぎ・ぼたもち

おはぎ

3月のお彼岸には「ぼたもち」、9月のお彼岸には「おはぎ」をお供えいたします。お赤飯と同様に小豆の赤い色は邪気を払うと言われており、昔は貴重品であった砂糖を使ったものをお供えすることで、ご先祖様への敬意や感謝の気持ちを伝えるためとも言われています。また遠路はるばる来ていただいたご親族へ疲れを取っていただくためのお茶菓子にもおすすめです。

「おはぎ」と「ぼたもち」の違いって?

どちらももち米と餡子を使用した和菓子で諸説ありますが、彼岸の季節によって違いがあり、3月のお彼岸では春に咲く牡丹の花にちなんで「ぼたもち」、秋は秋に咲く萩の花にちなんで「おはぎ」と呼ばれるという説が一般的です。また、牡丹の花は萩の花より大きいためこしあんを使用して大きいものを「ぼたもち」といい、おはぎは粒あんを使用して萩の花のように小振りに作る形こともありますが、最近では両方とも「おはぎ」という名称でスーパー等でも年中販売されていることが増えています。

果物

メロン

仏壇を華やかに彩る果物もお供えに持参する食べ物に向いています。出来るだけ日持ちがする旬な果物(りんご・みかん・メロンなど)を選びましょう。

菓子折り

菓子折り

日持ちがする菓子折りもお供えする食べ物に向いています。地域の銘菓などを持参すれば、会話も自然と膨らみます。

故人様の好きだったもの

上述しましたが、故人様が好きだったものは手土産にも向いています。ただし、もらった親族の方が困らないよう出来るだけ日持ちがするものや、好き嫌いの少ない食べ物のほうがいいでしょう。

お彼岸の食べ物で困ったら

お彼岸ってお盆と同じくらい準備が必要なの?

お彼岸の準備はしっかりしたいけどどうしても時間がない、色々迷ってしまってどうすればいいかわからないといったご質問をうけることもあります。ここでは、ご親族にもご先祖様にも喜んでいただける商品をいくつかご紹介いたします。

フリーズドライの精進料理のお供え

精進料理を準備するのはかなり大変、でもご先祖様にしっかりとお供えをしたいという方向けに「ご先祖様」という精進料理をフリーズドライした商品がございます。動物性の物は避け、昆布だしを使用するなど、伝統に基づいたお霊具をお供えしていただけます。今まで手間のかかっていたお霊具が、お湯をかけるだけ、また、レンジ、なべ等で加熱するだけで簡単に出来上がります。※白飯は別途ご用意が必要です。

■ご先祖様

故人様の好物に似せたろうそくのお供え

食品は管理が大変といった方向けに、お酒やお団子など故人様の好物に色・形を似せたろうそくがございます。お彼岸の定番の食べ物「おはぎ」を似せた商品もあります。

■故人の好物シリーズ

お湯をかけるだけで完成!お麩のお吸い物

宝の麩

精進料理など全てを手作りするのは大変。お麩は仏教の伝来と思に中国から日本に伝えられたと言われています。 原料となる小麦は当時大変高価だったため、宮中や寺院など特別な身分の人のみが食べられたそうで、庶民は口に出来なかったようです。 また、肉食が禁じられている人にてお麩は肉や魚の代わりとなる貴重なタンパク源でした。 仏教との密接な関わり、そして古来の貴重な献上品という点において、まさにお麩はお彼岸の食べ物として相応しいと言えるでしょう。急な来客にお出しする食べ物としてもおすすめです。

【田ノ実】宝の麩 おもてなし

1865年創業の不室屋さんは伝統的な製法で加賀麩を作り続ける金沢の老舗です。具入りのふやきにお湯を注ぐタイプのお吸い物はたくさんありますが、不室屋さんの『宝の麩』こそ、元祖といって過言ではありません。 御礼やご挨拶、慶弔どちらの贈り物にも好評な商品です。

お彼岸関連記事はこちら

お彼岸の総合ぺージはこちらです。

お彼岸とはページのサムネイル画像

お彼岸とは?意味・日程・やるべきこと

お彼岸とは、春(3月)と秋(9月)の年2回に行われる仏教行事です。このページでは、お彼岸の意味や具体的なお彼岸日程、4つのやるべきことなど、お彼岸の基本を解説しています。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。