四十九日法要の持ち物に関する基礎知識

四十九日法要の持ち物に関する基礎知識
四十九日法要における「持ち物」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 四十九日(しじゅうくにち)…亡くなられてから四十九日法要が行われるまでの期間のこと。(神式の場合は五十日祭まで)「忌中(きちゅう)」とも言い、それ以降は「忌明け(きあけ)」と呼ばれる。
  • 四十九日法要…命日から49日目に行う、故人を偲び冥福を祈るために営む追善法要のこと。「四十九日」と省略されて呼ばれる場合もある。

Q1.四十九日法要を行うお寺と納骨先のお寺が異なる場合にも、法要の際はお骨も持参して一緒にお経を上げていただくのが一般的でしょうか?

四十九日法要を行うお寺と納骨先のお寺が異なる場合にも、法要の際はお骨も持参して一緒にお経を上げていただくのが一般的でしょうか?

A.お持ちになる場合が多いとは存じます。

ただし、お寺によってお考えが異なる場合もございますので、ご法要の前にお寺へお問い合わせされるとよいでしょう。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676