四十九日法要までに必要な物に関する基礎知識

四十九日法要までに必要な物に関する基礎知識
「四十九日法要までに必要な物」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 四十九日(しじゅうくにち)…亡くなられてから四十九日法要が行われるまでの期間のこと。(神式の場合は五十日祭まで)「忌中(きちゅう)」とも言い、それ以降は「忌明け(きあけ)」と呼ばれる。
  • 四十九日法要…命日から49日目に行う、故人を偲び冥福を祈るために営む追善法要のこと。「四十九日」と省略されて呼ばれる場合もある。

七日から四十九日まで 本位牌の手配

忌明け法要(三十五日か四十九日)では、ほとんどの宗派で本位牌に魂を入魂し、お仏壇に納めます。
法要までには本位牌を用意します。
通常、白木のお位牌に代え本位牌を準備するのに10日〜14日間ほどかかります。
「二七日」か「三七日」までには本位牌の手配をしましょう。

七日から四十九日まで 仏壇の手配

忌明け法要(三十五日か四十九日)では、お仏壇を前に仏様のご供養式を行います。
お仏壇の手配もこの時期になさる方が多いようです。

七日から四十九日まで 墓地・墓石の手配

ほとんどの宗派でお墓とはご先祖の霊をまつるところであり、その家であり、また家族の象徴であるといえます。
お墓の工事期間は約1ヶ月〜約2ヶ月程必要になります。
これからお墓を建立する際、納骨の時期を考慮して墓地をお決めになるとよいでしょう。
*地方により納骨の時期は違いますので、お寺様などにご確認ください。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676