七日から四十九日まで 香典返しの準備

香典帳の整理

香典帳は記帳順になっていますから、金額別に整理しておくと、香典返しの品物を決める際に便利です。

香典返しの時期

香典返しは、忌明け(四十九日)頃に、忌明けのあいさつと共に行うのが最も礼にかなっています。
最近では、地域によっては、葬儀・告別式の当日に、香典の金額にかかわらず一律同額の同じ品物を香典返しとして渡す場合もあります。
なおこのケースでも、特に高額の香典をいただいた方や特別 お世話になった方には、別にお返しの品を用意します。

一覧に戻る