お墓を処分する。
墓じまいとは…

墓じまいとは、墓石を撤去し、墓所を更地にして使用権を返還することをいいます。
いわゆるお墓の処分です。お墓に納められている遺骨を勝手に取り出して別の場所に納骨したり、
廃棄したりすることは法律のもとできませんが、行政手続きなどをすることで、墓じまいが可能になります。

墓じまい検討者が増加

近年、少子高齢化・核家族化が進んだことや宗教観の変容によってお墓に対する考え方も変わってきています。単純にお墓を継ぐ人がいないというケースもありますが、「子どもに負担をかけたくない」と次世代への気づかいなどで、墓じまいやお墓の引越しを検討されている方が増えています。

<主な理由>

  • お墓を継ぐ人がいない。
    生涯独身、子どもがいない夫婦などの事情により、お墓の承継ができない。
  • お墓が遠方にある。
    就職、転勤、結婚などで故郷を離れると、お墓参りをする頻度が次第に減り、守っていくことが難しい。
  • 夫婦それぞれの実家のお墓を守るのが大変。
    長男・長女同士が結婚すると、両家のお墓を守っていくことになり負担が大きい。
  • 高齢になり、お墓参りに行けない。
    外出が不自由になり、何年もお墓参りに行っていないという高齢者が増えています。

お墓は代々続いてきたもの、また代々続いていくものと考えられているがゆえ、さまざまなお悩みを抱えていらっしゃる方が増えています。

墓じまいの流れ

墓じまいをしたいとお考えでも、どのようにして行えばよいかお困りの方も多いのではないでしょうか? ここでは、「はせがわ」がサポートする墓じまいの流れをご紹介します。

1. はせがわにお問い合わせ。

お電話・お近くの店舗にご相談ください。

2. 現地でお墓の確認をします。

誰の遺骨があるのか、遺骨の状態、数量などを確認します。

3. 新しい供養方法の相談をする。

墓じまい後のお骨の行き先を決めます。「永代供養」「手元供養」「散骨」などさまざまな供養方法があります。

4. 行政手続き

現在埋葬している市区町村の役所で「改葬許可証」の交付を受けます。
※お墓のお引越しをする場合は必ず「改葬許可証」が必要です。
※現在埋葬している墓地管理者に署名・捺印が必要です。

5. お骨の取り出し

法要を行い、遺骨を取り出します。

6. 墓所の解体・更地にして返還

墓石の解体・撤去工事をし、既存の墓所を更地にします。

墓じまいの費用

大きく分けて「墓石の撤去、墓所を更地にする費用」と「新規墓所(納骨先)の費用」がかかります。

  • 墓石の撤去、墓所を更地にする費用
    1㎡あたり10万円~15万円ほどが目安になります。
  • 新規墓所(納骨先)の費用
    永代供養墓、墓地、納骨堂の費用として数万円~数百万円までさまざまです。

墓じまい後の供養

墓じまいは「墓所の返還」と「遺骨の移動先」の2つを考える必要があります。元の墓所を更地にして終わりではありません。最終的には遺骨をどこかに納めなくてはなりません。お墓の維持に困って墓じまいを行う方の場合、管理費のかからない永代供養墓に納められることが多いようです。一方、引越しの方の場合、自宅から近い霊園のほか、アクセスの良い「屋内墓苑」を選択される方も増えています。

墓じまいは物理的にお墓をなくすものではありますが、ご自身がきちんと満足できる供養ができれば、気持ちを整理できる一つの供養のあり方です。
「はせがわ」では、どんなお悩みにも、これまでの実績と経験で、お客様のご要望に添えるよう墓じまいや引越しのサポートをいたします。