四十九日(忌中)にするべきことに関する基礎知識

四十九日(忌中)にするべきことに関する基礎知識
四十九日の期間中には具体的にどのようなことを行うべきなのか、「四十九日にするべきこと」に関する基礎知識をご紹介します。
  • 四十九日(しじゅうくにち)…亡くなられてから四十九日法要が行われるまでの期間のこと。(神式の場合は五十日祭まで)「忌中(きちゅう)」とも言い、それ以降は「忌明け(きあけ)」と呼ばれる。

初七日まで 初七日の法要

亡くなった日から数えて七日目に営む法要で、死後初めての法要です。
現在では葬儀当日に、遺骨が帰宅したら行うことが多くなりました。
その場合でも、初七日に当たる日には、故人の冥福を祈って家族で焼香するように心がけたいものです。