七日から四十九日まで 法要の進め方

法要では、ご住職の読経、参列者の焼香のほか、位牌が白木のものから本位牌に替わるので、「入魂供養(にゅうこんくよう)」を行ってもらいます。
そして、この後でお墓参りをするのが一般的です。
最近は四十九日の法要と合わせて納骨するケースも多いので、その場合は「納骨式」として行うことになります。
法要の後で、自宅やお寺、式場やホールの会席場所、料理屋などで、ご住職と参列者をお酒や食事でもてなします。
これを「お斎(おとき)」または「お清め」などといいます。

法要の手順

  1. ご住職を迎えに行きます。
  2. ご住職が到着されたら、お茶を出してもてなします。
  3. 仏壇にロウソクを灯し、ご仏前にお花と供物を供えます。
  4. 一同着席の後、読経、焼香と続きます。
  5. 焼香はまず施主(法要の主催者)が行い、続いて故人と血縁関係の濃い順に行います。
    親族以外の参加者の焼香順はとくに決まりはありません。
    着席順に焼香を行います。
  6. ご住職によっては、故人のことと仏教の教えなどを合わせて、法話を話してくださることもあります。

法要後の墓参の手順

お寺での儀式が終わると、墓参りをするのが一般的です。
墓参りでは供物、線香を供えます。
また浄土真宗以外の宗派では、墓参りのときに細長い木の板でできた板塔婆(いたとうば)を立てて供養するのが習わしです。
塔婆供養は前もってお寺にお願いしておくので、施主や遺族以外の人が供える場合は、事前に申し出を確認しておく必要があります。

法要後のおもてなし

  1. 会食の席順は、ご住職を主席に、親族、故人と親しかった友人の順に並びます。施主と家族は末席に座ります。
  2. 宴席のはじめに施主または遺族代表が、とどこおりなく法要が終わった旨のお礼を述べます。
  3. 施主は、別室または会食の席で、ご住職にお布施を渡します。
  4. 引き出物は、事前に列席者の席に配っておきます。
    宴席は1~2時間でお開きにしますが、法要の後なので賑やかな席にはせず、故人を偲びながら静かに思い出話などを語り合うのがよいでしょう。
一覧に戻る