2022年春のお彼岸はいつ?意味とするべきこと、お供え物を解説

2022年春のお彼岸はいつ?
意味とするべきこと、
お供え物を解説

日本人の生活習慣にすっかり溶け込んでいるお彼岸。「暑さも寒さも彼岸まで」という言葉で季節の分かれ目を改めて感じる方々も多いはずです。しかし、「お墓参りをする時期」「ぼた餅やおはぎを食べる時期」などの何となくのイメージは持っていても、お彼岸が持つ実際の意味を具体的に説明できる方は少ないのではないでしょうか。

結論から言うと、お彼岸とは「春分の日・秋分の日を中日とした7日間」のことを指します。現代では、ご先祖様への感謝の気持ちを込めて供養を行い、かつ仏教の教えに従って精進すべき時期として位置づけられています。

このページでは、そんなお彼岸の具体的な期間やお彼岸の詳しい意味、期間中にするべきことなどの基本を徹底解説します。また、お彼岸に関するマナーなど、すぐに役立つ豆知識も併せてご紹介します。

目次

2022年のお彼岸はいつ?
期間の決め方についても解説

2022年のお彼岸はいつ?期間の決め方についても解説

春と秋にお彼岸があることは漠然と知っていても、具体的なお彼岸の日程や期間の決め方まではご存知ではない方も多いと思います。まずは、お彼岸の期間について解説します。

お彼岸の期間は
どうやって決まる?

お彼岸は年2回、3月(春彼岸)と9月(秋彼岸)に設定されています。これらは国民の祝日である「春分の日」と「秋分の日」を中日とし、前後の3日間を合わせた合計7日間がそれぞれ指定されています。

お彼岸期間の決め方

春分・秋分の日は、いずれも太陽が真東から昇り真西に沈む日(=昼と夜の時間が等しくなる日)と決められています。これらは太陽の動きに合わせて国立天文台が定めているため、例年、春分の日は3月20~21日ごろ、秋分の日は9月22~23日ごろですが、年によって期間は前後します。

なお、9月の第3月曜日には敬老の日もあるため、年によってはお彼岸時期は秋の大型連休(シルバーウィーク)となる場合もあります。

2022年度のお彼岸はいつ?

2022年度の春・秋のお彼岸日程は下記の通りです。

春彼岸

【3月18日(金)~3月24日(木)】までの7日間
3月18日(金)…彼岸入り(初日)
3月21日(月・祝)…中日(春分の日)
3月24日(木)…彼岸明け(最終日)

秋彼岸

【9月20日(火)~9月26日(月)】までの7日間
9月20日(火)…彼岸入り(初日)
9月23日(金・祝)…中日(秋分の日)
9月26日(月)…彼岸明け(最終日)

お彼岸って何?
どんな意味があるの?

お彼岸って何?どんな意味があるの?

ここまでお彼岸の期間について見てきましたが、そもそもお彼岸とはどのような意味を持つ行事なのでしょうか?ここからは、お彼岸が持つ意味の解説と、現代でも行える、仏教の教えに基づいたお彼岸時期ならではの実践に関してご紹介します。

「お彼岸」の持つ意味とは?

お彼岸とは、前述した通り「春分の日・秋分の日を中日とした7日間」のことを指します。現代では、ご先祖様への感謝の気持ちを込めて供養を行い、かつ仏教の教えに従って精進すべき時期として位置づけられています。
仏教行事は他国から伝来するものと考えられがちですが、このお彼岸はインドや中国には見られない日本独自の風習で、日本古来の信仰と仏教的な解釈が合わさって生まれたといわれています。
まずは、日本古来の信仰と仏教的解釈の2方面から、お彼岸の意味について解説します。

①日本古来の信仰

お彼岸時期は、太陽が真東から出て真西に沈み、昼夜がほぼ同じ長さになる特別な期間です。中国では万物のバランスが最も整った日だとされ、日本にも同様の思想が伝わりました。また、この時期は春秋ともにちょうど農作業が小休止に当たるタイミングでもありました。よって、お彼岸時期は何をするにも最適な日であり、かつ生活に余裕がある時期であることから、例年この時期にお墓参りや先祖祭りを行う慣習が根付いていました。

実際、春分・秋分の時期には「春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)」・「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」という、歴代天皇や皇族の霊を祀る祭儀が行われていました。その後1948年に入ってからは「国民の祝日」として形を変え、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」、秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人をしのぶ日」として制定されました。

また、古来より農作が盛んであった日本では太陽信仰が根付いており、春には豊穣を祈り、秋には収穫への感謝を込めて、作物を育てる太陽と私達を守ってくださる祖先神にお供え物をしていました。これらの時期が「日願(ひがん)」と呼ばれていたことがお彼岸の元だという説もあります。

②仏教的な解釈

お彼岸の語源は、サンスクリット語(古代インド・アーリア語に属する言語)の「paramita(波羅蜜多、パーラミタ)」です。漢訳で「至彼岸(とうひがん)=彼岸に至る」という意味を持ちます。

仏教伝来により、日本では現世を「此岸(しがん)=こちらの岸、欲や煩悩にまみれた世界」、悟りの世界を「彼岸(ひがん)=向こう岸、仏の住むお浄土の世界」と捉え、仏教の教えに従って精進する(修行を行う)ことで、煩悩に満ちた世界を脱して悟りの境地に至ることができると考えました。この此岸と彼岸のはざまに流れているのが、あの世とこの世を隔てる「三途の川」です。

太陽が真西にまっすぐ沈むお彼岸時期は、西方の遥か彼方にあるとされる極楽浄土(西方浄土)への道しるべができ、かつお浄土との距離が最も近くなる特別な時期であるといわれていました。さらに、昼夜の長さが等しくなる時期であることから、思想も行動も左右に偏ってはいけないとする、仏様の「中道(ちゅうどう)」の教えに通じるとも考えられました。
これらのことから、お彼岸時期は仏教修行を行うきっかけとして最適な時期であるとされました。

彼岸と此岸の説明

このようにして、以前から存在していた日本の信仰が後から仏教的解釈で意味づけされた結果、お彼岸は「ご先祖様への感謝の気持ちを込めて供養を行い、かつ仏教の教えに従って精進すべき時期」であるという日本独自の思想が生まれたとされています。

記録に残る最古のお彼岸はいつ?

「日本後記」の記述によると、西暦806年(平安時代初期)、早良親王(桓武天皇の弟。無実の罪を訴えて死去)を偲ぶために行われた「彼岸会(ひがんえ)」が、記録に残る日本最古のお彼岸とされています。この際、春分・秋分の日を中心とした7日間に渡り、全国の国分寺にて僧が読経を行ったと言われています。

これ以降、「源氏物語」などの平安時代の代表的な作品の中にもお彼岸の記述がみられるようになり、江戸時代にかけて年中行事として民衆に定着したとされています。

お彼岸時期には、こちらの関連ページも読まれています。

お仏壇処分について

お仏壇処分(ご供養)4つの方法と費用

お仏壇処分を検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

お墓じまいについて

お墓じまいとは?8つのステップと費用

お墓じまいを検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

現代でも実践できる、
「六波羅蜜」の実践

現代のお彼岸は、日頃以上に丁寧にご先祖様を供養する期間という意味合いが強いですが、この時期は先述した通り仏教修行にも最適な時期であることから、本来は悟りの世界へ達するために「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という修行を実践しながら、仏教の教えに従って精進すべき期間でもあります。

この六波羅蜜とは、悟りの境地に達するための正しい修行の道である「八正道(はっしょうどう)」を、出家していない者たち(在家)向けの修行方法として説いた6つの実践(布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧)のことです。仏教修行の基本とされる六波羅蜜は、全ての物に感謝する報恩感謝の精神が基本になっています。お彼岸に自分がお世話になった親やご先祖様のお墓参りをするのも、この精神に通じています。

お仏壇のお世話を通じた
六波羅蜜の実践方法

これらの修行は、いずれも普段のお仏壇のお世話を通じて実践することができます。ここでは、六波羅蜜の解説と併せて、お仏壇のお世話を行う上での実践例をご紹介します。

①布施(ふせ)…施しをすること

【実践例:茶湯器で水をお供えすること】

「すべての生き物に生命の源泉を無償で与えてくれる水の偉大さから、利他の精神を思いだす」という教えを思い起こす供養。

②持戒(じかい)…規律を守ること

【実践例:香炉でお線香を焚くこと】

「邪気を吸い取るといわれるお香から出る煙を見て、自分で自分を戒める事を思いだす」という教えを表現する供養。

③忍辱(にんにく)…よく正しい心をもつこと

【実践例:花立に花を供えること】

「風雪に耐え美しく咲く花のように、恥を耐え忍んで心を動かさず、他の存在を認める慈悲の心をもつ」という教えを思い起こす供養。

④精進(しょうじん)…目的に向かってたゆまず努力すること

【実践例:塗香(ずこう)を身に着けること】

塗香…香水のようなもの。手にすり込んで心身を清める。

「邪気を払う香を身に纏う事で邪気を払い、精神を集中して一生懸命に努力すること」を表現。

⑤禅定(ぜんじょう)…常に平静な心をもち続けること

【実践例:仏飯器にご飯をお供えすること】

「食事により生かされているという事実を忘れないことで、冷静に客観的に自分を見つめる習慣」を思い起こす供養。

⑥智慧(ちえ)…智慧を磨き、智慧を働かせること

【実践例:火立のロウソクに火を灯すこと】

「暗闇の中で明かりが灯る事で辺りが見えて何をすべきか判断できる。人生においての灯は法にある」という教えを思い起こす供養。

こう考えると、普段のお仏壇のお世話だけでなく、日頃の生活の中でも実践できる内容であることが分かりますが、忙しい毎日の中でしっかり実践するのはなかなか厳しいかもしれません。

だからこそ、お彼岸という年2回の特別な期間には是非この六波羅蜜の実践を思い出し、今までお世話になった方やここまで命を繋げてくださったご先祖様への感謝を込め、いつも以上に丁寧にご供養してみてはいかがでしょうか。

お彼岸はなぜ7日間あるの?

お彼岸が全部で7日間あるのは、中日はご先祖様の供養に徹し、前後3日間を使って、この六波羅蜜の修行を毎日1つずつ実践するために設けられたともいわれています。

期間中にするべきことは
2つ!事前準備も忘れずに

期間中にするべきことは2つ!事前準備も忘れずに

さて、お彼岸にすることといえば「お墓参り」を連想される方も多いと思いますが、それ以外にもするべきことはあるのでしょうか?ここからは、お彼岸時期にするべきことについて徹底解説します。

事前準備:お仏壇・お仏具の掃除

家庭にお仏壇がある方は、お彼岸の前日までに、日頃の感謝を込めてお仏壇・お仏具の掃除やお手入れを行いましょう。お仏具が傷んでしまっている際は、お彼岸前に買い替えておくことをおすすめします。

するべきこと① お墓参り

前述した通り、お彼岸の中日である春分・秋分の日は、昼と夜の長さが均等になり、お浄土との距離が一番近くなる時期です。ご先祖様への想いが通じやすくなる日とされておりますので、お彼岸には是非とも家族揃ってお墓参りに行きましょう。特にお子様と一緒にお墓参りに行くことは、ご先祖様を敬う気持ちを通して、人を大切にする気持ちを育てることにも繋がるといわれています。

お墓参りの基本

①お参りする日…お彼岸期間中であればいつでも問題ありませんが、お彼岸の中日である春分・秋分の日を目安として行かれるのが最適です。また、基本的には午前中のお墓参りが望ましいとされています。

②お参りに必要な持ち物…当日になって慌てないよう、前日までに用意しておくと安心です。

  • お花(季節のお花や故人様のお好きだったお花を用意。花粉が多いお花は、石塔にシミを作る原因となるため避ける)
  • ハサミ(花立に対してお花が長すぎる場合に使用)
  • お供え(故人様のお好きだったお菓子など)
  • お線香(外で焚くため、お墓参り用の束になっているお線香が便利)
  • ライターまたはマッチ(外で使用するため、風よけが付いているライターが便利)
  • 念珠(お墓に向かって手を合わせる際に使用。宗派によって異なる)

その他、手桶やひしゃく(主に墓石へお水をかけるために使用)、お掃除用具などが霊園に備え付けられていない場合は別途持参しましょう。

③お参りの手順やマナー…お彼岸だからと言ってお参りの手順に変わりはありません。まずはお墓周りなどを綺麗にお掃除して、お花をお供えします。その後に墓石にひしゃくで水をかけ、お線香を焚いたら、ご先祖様への感謝の気持ちを込めて手を合わせましょう。
なお、お線香の火は口で吹き消さず、手であおいで消すのがマナーです。また、服装は普段通りで問題ございません。

④お供え…お墓参りのお供えは、お線香とお花が一般的です。お花については、トゲや毒があったり、香りが強かったりするものは避け、仏花や故人様が生前お好きだったお花をお供えしましょう。
なお、お菓子や果物などの食べ物をお供えする場合は、お墓に直接置かずに半紙などを敷きましょう。また、そのまま置いておくとカラスなどに荒らされてしまう可能性がありますので、お参りが終わったら必ず持ち帰りましょう。(霊園のルールによって違いがある場合もございます)

お彼岸にお参りできない場合の
対処法は?

仕事などの都合で、どうしてもお彼岸時期にお墓参りをするのが難しいという方もいらっしゃると思います。また、近年は新型コロナウイルスが流行しておりますので、人が密集しがちなお彼岸時期のお墓参りに不安がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その際は、時期をずらして都合のいい時にお参りに行きましょう。遠方でどうしても現地に行けない場合には、ご自宅のお仏壇に手を合わせるだけでも問題はございません。大切なのはご先祖様を供養する気持ちですので、心を込めて手を合わせ、ご先祖様へ日頃の感謝の気持ちをしっかりお伝えすることが重要です。

するべきこと② 
お仏壇のお参り・お供え

お彼岸といえばお墓参りのイメージが強いかと思いますが、ご自宅のお仏壇にも忘れずお参りをいたしましょう。また、日頃のご先祖様への感謝や敬意を込めて、お供えも行いましょう。なお、地域の風習によっては、お墓参りやお仏壇へのお参りと合わせて、お供えを持って他家へお彼岸のご挨拶に伺う場合もございます。

おすすめのお供え物

お彼岸のお供えに絶対的な決まりはありませんが、お彼岸時期に一般的にお供えされる物としては下記の通りです。

①お花

お墓と同様に、トゲや毒がある、香りが強いものは避け、仏花や故人様がお好きなお花をお供えしましょう。

はせがわおすすめ商品

プリザーブドフラワー

近年は「プリザーブドフラワー」をお仏壇の供花に選ばれる方も増えています。長期保存が可能なように特殊な加工が施されているため、直射日光や湿気を避ければお彼岸の期間中も綺麗な状態でお花を飾っておくことができます。

本来、どれだけ綺麗でもいつか枯れてしまうことから、お花は「諸行無常」(世の中の全ての事象は移り変わりを繰り返し、永久に変わらないものはない)という仏様の教えを表すといわれ、生花であることが大切だとされています。

しかし、何よりも大切なのはご先祖様を想う感謝の心です。お花を定期的に取り換えるのが難しい場合には、プリザーブドフラワーなどの特殊加工されたお花や造花をお供えされるのも、また一つのご供養といえます。

はせがわおすすめのプリザーブドフラワー

②精進料理

仏教では殺生を禁じているため、料理をお供えする際には、肉や魚介類を使わずに作った精進料理をお供えするのが基本です。精進料理は一般的に「御料具膳(おりょうぐぜん)」という専用のお膳を使ってお供えします。お供えの際はお皿の配置に気を付け、お箸は仏様側(お仏壇側)に向けて置きましょう。

精進料理

③ぼた餅・おはぎ

ぼた餅は「牡丹餅」、おはぎは「御萩」と書きます。どちらももち米と餡子を使用したお菓子ですが、 牡丹の花が咲く春にはぼた餅、萩の花が咲く秋にはおはぎと呼ばれ、季節によって呼び名が変わります。また、作り方も若干異なり、ぼた餅はこしあんを使用して牡丹の花の様に大きめに作り、おはぎは粒あんを使用して萩の花のように小振りに作るといわれています。

地域によって異なる場合もあります。

お彼岸にぼた餅やおはぎを食べるようになった理由は諸説ありますが、一説には、小豆の赤は邪気を払う効果があることや、貴重な砂糖を使用したお菓子であることから、これらをお供えすることでご先祖様への感謝や家族円満を祈っていたといわれています。

④故人様が好きだった食べ物

仏教の教えに沿って、基本的には肉魚や生もの、お酒などは避け、故人様が生前好きだった食べ物をお供えしましょう。お菓子などをお供えする際は、「高杯(たかつき)」「盛器(もりき)」という仏具(足が高くなっており、仏様への敬意を表すことができるもの)に載せてお供えするのが一般的です。

はせがわおすすめ商品

好物キャンドル(故人の好物シリーズ)

仏教的にはタブーであっても、故人様の好物がお寿司やビールだったという場合も多いかと思います。そんな時におすすめな商品が、さまざまな食べ物や飲み物をかたどった「好物キャンドル」です。お彼岸時期におすすめの、おはぎやお団子のキャンドルもございます。お仏壇へのお供えとしては勿論、実際に火を灯し、故人様との思い出に浸りながらお仏壇の前で手を合わせてみてはいかがでしょうか。

好物キャンドル

⑤季節の果物

お仏壇のお供えとしては、季節の果物も定番です。お菓子と同様、高杯や盛器などの仏具を使用してお供えします。基本的にお供えしてはいけない果物はありませんが、長時間お供えしておくことも多いため、なるべく日持ちする種類の果物(リンゴやオレンジ、メロンなど)をお供えするのが望ましいでしょう。

お供え物に関するマナー

お彼岸に限らず、お供えした後は粗末にせず家族でいただくのがマナーです。一度お供えしたものを自分たちが食べるのは失礼なのではと不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、仏教の世界では、お供えをいただくことは「お下がり」といい、一度仏様にお渡ししたものをいただくことで、仏様への感謝や今生きていることのありがたみを感じることができる大切な行為だといわれています。

菩提寺がある方は
「彼岸会」に参加しましょう

「彼岸会(ひがんえ)」とは、お彼岸時期に寺院が執り行うご先祖様の供養法要です。寺院ではなく、自宅に僧侶をお招きして個別法要を行う場合もございます。

正式な法要に参加するということは、供養の心を育てるだけでなく、伝統的な仏教文化に触れる大切な機会にもなりますので、菩提寺がある方は是非ご参加ください。

なお、参加する際には基本的にお布施を持参します。(寺院によってお考えは異なりますので、詳細は菩提寺にお尋ねください)

【お布施相場…彼岸会(寺院での法要)3,000~10,000円ほど、個別法要30,000円~50,000円ほど+御車代)】
寺院によって異なります。

期間中にやってはいけないことはある?
3つのマナーや基礎知識をご紹介

墓じまい

さて、ここまではお彼岸にするべきことをお伝えして参りましたが、逆にやってはいけないことや気を付けるべきことはあるのでしょうか?ここからは、お彼岸に関する基本的なマナーや基礎知識をご紹介します。

①お彼岸の期間中にお祝い事は
やってはいけない?

お彼岸の期間中に、結婚式や引っ越し、車の納車などのお祝い事をやってはいけないという話を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言うと、仏教上の考えではお彼岸にお祝い事を行っても特に問題はございません。お彼岸は喪に服する期間ではありませんので、縁起がよくないということもありません。

ただし、お彼岸時期は帰省などで忙しくしている方が多く、行事が重なることを避けるという意味ではあまり行われない傾向にあります。

もしもお彼岸時期にお祝い事を行う場合には、事前に親族やご参加予定の方への説明を行う、お彼岸の中日は避けるなどといった配慮が大切です。

②訪問の際の手土産は
どうしたらいい?

地域によっては、お彼岸に親戚宅や実家へご挨拶に伺う風習もありますが、その際は手土産(お供え)を持って訪問するのがマナーです。遠方の際は郵送で贈る場合もあります。

手土産に適しているものは?

手土産としてお供えを持って行く際は、お線香や菓子折り(日持ちするもの)を選ぶのが一般的です。お供えには、基本的に掛け紙を掛けてお渡しします。掛け紙の水引は、黒白または双銀(地域によっては黄白)の結び切りになっているものを選びましょう。表書きは、忌明け前は「ご霊前」、忌明け後なら「御仏前」、または「御供」と入ったものを用います。
果物を贈る場合には、デパートなどで販売されている籠に盛られた包装済みのものを選びます。また、場合によっては物ではなく現金(お香典)を包むこともございます。

【手土産の相場…3,000円~5,000円ほど】
先方とのご関係性によって異なります。

はせがわおすすめ商品

進物線香

贈答用のお線香は「進物線香(しんもつせんこう)」と呼ばれ、桐や塗りの箱に入った形で販売されています。故人様はよい香りを召し上がるとされる、「香食(こうじき)」という仏教の考えの中では、お線香の香りは仏様への何よりのご供養になります。お彼岸のこの機会に、お世話になった方には是非進物線香を贈りましょう。

進物線香

③初彼岸の場合には
何をするべき?

故人様が亡くなられて四十九日を過ぎてから初めて迎えるお彼岸のことを、「初彼岸(はつひがん)」と呼びます。初めて迎える「初盆」の際は白い提灯(白紋天)を軒先に下げたり、置き提灯を用意したりとやることが沢山あるため、初彼岸の場合にも何か必要なのではと思われる方も多いと思います。
しかし、初彼岸の場合には特別行うべきことはありません。普段のお彼岸と同じように、お墓参りやお仏壇へのお参りを行いましょう。

お彼岸は家族で先祖供養について考えましょう

墓じまい

ここまで解説してきたように、お彼岸はご先祖様への日頃の感謝を伝えるための大切な時期です。また、お墓参りなどの際に、普段はなかなか会う機会のない遠方の家族や親族と集まることができる貴重なタイミングでもあります。つまり、お彼岸は皆で供養について改めて話し合ういい機会でもあるのです。

最後に、お彼岸時期の話し合いの際によく出る話題をピックアップしてご紹介します。

お仏壇のお買替えについて

お仏壇は代々受け継がれてゆくものですが、長い間使用していると古くなって傷んできてしまうものです。また、継承されていくうちに住宅環境が変わり、お部屋と仏壇のデザインなどが合わなくなってしまうこともあります。

この場合、お仏壇の修理やリフォームを行って使い続けることもありますが、最近では古いお仏壇は処分(ご供養)し、新たにお仏壇をお買い替えするパターンが主流になりつつあります。お彼岸時期は、今あるお仏壇について改めて見直し、お仏壇のお買い替えを行うのにも非常に適したタイミングであると言えるでしょう。

お仏壇の処分について詳しくはこちら

お仏壇処分について

お仏壇処分(ご供養)4つの方法と費用

お仏壇処分を検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

お墓じまいについて

近年、地方の過疎化や少子化による影響、供養に関する価値観の変化などによって、今あるお墓の処分(お墓じまい)を検討している方が急増しています。皆様が集まるお彼岸時期には、こうしたお墓じまいに関してもよくお話し合いが行われます。

ただし、お墓は代々継承されてきており、ご先祖様のお骨が納められているものです。ただ単に墓石を撤去して終わりというわけではなく、現在菩提寺がある方は事前に離檀(寺院にあるお墓を処分して檀家から外れること)のご相談が必要であったりなど、複雑な悩みを抱えている場合が多く見られます。さらに、お墓じまいをするためには行政手続きなど複雑な工程を踏まねばならず、個人で行うのはなかなか難しい場合が多いようです。

お墓じまいについて詳しくはこちら

お墓じまいについて

お墓じまいとは?8つのステップと費用

お墓じまいを検討している方に、その方法や費用、注意点をお仏壇のはせがわが解説します。

はせがわのお墓じまいサービス

はせがわでは、お墓じまいの事前相談から、墓石の撤去・解体の無料お見積り、新しい納骨先のご提案まで全て承っております。お墓じまいのご相談はお近くの店舗またはフリーダイヤルでも承ります。役立つ資料の無料進呈もしております。お墓じまいを検討するにあたり心配事や不明点などございましたら、お気軽にご相談ください。

墓石の撤去・解体は、当社で対応できかねる地域もございますので、事前にお問い合わせください。

電話

著者について

株式会社はせがわ WEB担当チーム

お仏壇・お仏具、お墓など供養に関する情報を、日本に住む皆さまへ適切にお伝えすることがミッションのチームです。

-