お彼岸について 六波羅蜜(ろくはらみつ)とは?

(一)布施(ふせ)

物でも知識でも、他人のためになるものは惜しみなく差し出すこと。

(二)持戒(じかい)

生き物を殺さない、盗みをしないといった戒律(きまり)を守ること。

(三)忍辱(にんにく)

人から冷たくされたり、侮辱されても憎むことなく耐えること。

(四)精進(しょうじん)

常に努力して善い行いに励むこと。

(五)禅定(ぜんじょう)

常に心を落ち着けて、物事をありのままに見ること。

(六)智慧(ちえ)

仏の智恵を身につけて、心を清らかにすること。

このように、彼岸には六種類の徳目を行うことで、ご先祖に感謝し、これからの私たちの生活を見守っていただくということになるのです。

一覧に戻る