お盆の迎え火・送り火に関する基礎知識

お盆の迎え火・送り火に関する基礎知識
お盆の入りと明けに行う、「お盆の迎え火・送り火」に関する基礎知識をご紹介します。
  • お盆…新暦の8月13日から16日(または旧暦の7月13日から16日)にかけて、ご先祖様の霊をご自宅にお迎えして供養を行う仏教行事。
  • 迎え火、送り火…ご先祖様の霊を、門口や玄関でお迎え、お送りするために焚く火のこと。一般的には、「ホーロク」という素焼きのお皿に「おがら」と呼ばれる皮を剥いだ麻の茎を乗せて火を焚く。

Q1.「迎え火」と「送り火」は、いつどのタイミングで行えばよいのでしょうか?また、住宅事情の関係で行えない場合はどうすべきですか?

「迎え火」と「送り火」は、いつどのタイミングで行えばよいのでしょうか?また、住宅事情の関係で行えない場合はどうすべきですか?

A.地域によって異なりますが、一般的に「迎え火」はお盆の入り(8月または7月の13日)の夕方、「送り火」はお盆の明け(16日)の夕方に行います。行えない場合には、お盆提灯で代用したり、室内でも火を灯すことが出来るローソクタイプのものをご使用いただくなどの方法があります。

地域によって異なりますが、一般的に「迎え火」はお盆の入り(8月または7月の13日)の夕方、「送り火」はお盆の明け(16日)の夕方に行います。「ホーロク」という素焼きのお皿の上で、「おがら」と呼ばれる皮を剥いだ麻の茎に火を灯します。ご事情により火を焚きづらい場合には、お迎えの際の目印の役割も持つお盆提灯を飾り、迎え火の代わりとして代用いただくことも可能です。また、最近では室内でも火を灯すことができるローソクタイプのものもございますので、ぜひはせがわへご相談ください。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676