お盆提灯の飾り方に関する基礎知識

お盆提灯の飾り方に関する基礎知識

このページでは、「お盆提灯の飾り方」に関する基礎知識を解説いたします。

お盆飾りをコーディネートする際に大切なポイントやコーディネート例、また実際にご自宅でお飾りする際の注意点など、今年新盆を迎える方にも役立つ知識をご紹介します。

【2021年版】お盆飾りコーディネート

モダンなお仏壇とお盆飾りのイメージ

現代スタイルから伝統スタイルまで、新盆を迎える方も必見のお盆飾りコーディネートをご紹介します。

ラインナップ豊かなはせがわのお盆飾りなら、幅広いデザインと充実のアイテム数の中からイメージ通りにコーディネートできます。また、ギフトとしてもおすすめです。

コーディネートのポイント

新盆か2回目以降かをチェック-新盆の時だけ飾るものがあります お仏壇のあるお部屋をチェック-雰囲気、広さ お仏壇のスタイルや雰囲気をチェック-モダンかクラシカルか お仏壇の大きさと置き方をチェック-床に置いているか台の上か

コーディネート例

現代スタイル、伝統スタイルの2通りからコーディネート例をご提案します。

現代スタイル

現代スタイルのお仏壇イメージ

現代的なデザインのお仏壇にマッチする、スタイリッシュなコーディネート例です。伝統を守りつつ、自由な発想をプラス。モダンな華やかさを演出できます。

床置きスタイル

床置きスタイル

床に置くモダンデザインのお仏壇の、お盆飾りのコーディネート例です。お花の存在感が、清廉で華やかな祈りの空間を演出。広めのリビングルームなどで、しっかりスペースをとって飾りたい方におすすめです。

新型提灯 現代行灯大 桔梗

①新型提灯
現代行灯大
桔梗

新型提灯 tomori ウォールナット

②新型提灯
tomori
ウォールナット ×2 ※1

略式御霊具膳 PC 6.5寸

③略式御霊具膳
PC 6.5寸

お供物壇 ブラウン 45cm

④お供物壇
ブラウン
45cm

格子背景 ブラウン

⑤格子背景
ブラウン

タペストリー十三仏 パープル

⑥タペストリー十三仏
パープル

飾り台

⑦飾り台

ちりめん 牛馬飾り プレミアム

⑧ちりめん 牛馬飾り
プレミアム

ちりめん お供物 台付

⑨ちりめん お供物
台付

LEDワックスベース 睡蓮

⑩LEDワックスベース
睡蓮 ×2※1

花瓶 銀彩ホワイト 6号

⑪花瓶
銀彩ホワイト
6号 ×2※1

花瓶 銀彩ホワイト 8号

⑫花瓶
銀彩ホワイト
8号

新名物裂 敷物 大 紫 グラデ荒磯紋

⑬新名物裂 敷物 大 紫
グラデ荒磯紋

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

上置きスタイル

上置きスタイル

はせがわでもお取り扱いが増えている、シンプルでコンパクトなお仏壇の飾り付け例です。お飾りはすべて、洗練されたモダンデザインのもので統一。限られたスペースの中で、お部屋の雰囲気を壊すことなく、しっかりとお迎えできます。

新型提灯 ほのか 華 対

①新型提灯
ほのか 華

プリエール 白バラ

②プリエール
白バラ ×2※1

迎え火・送り火 ローソク

③迎え火・送り火
ローソク

LEDキャンドル ひととなり 蓮

④LEDキャンドル
ひととなり
蓮 ×2※1

新名物裂 敷物 大 銀ネズ 笹蔓紋

⑤新名物裂 敷物 大
銀ネズ
笹蔓紋

飾り台

⑥飾り台

ちりめん 牛馬飾り ほおずきセット

⑦ちりめん 牛馬飾り
ほおずきセット

ちりめん お供物 台付

⑧ちりめん お供物
台付

花瓶 銀彩(ぎんさい)アンバー 寸胴6号

⑨花瓶
銀彩(ぎんさい)アンバー
寸胴6号

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

伝統スタイル

伝統スタイル

伝統的なデザインのお仏壇によく合う、お盆飾り例です。大きく荘厳な印象の床置きタイプと、現代性も取り入れた上置きタイプの2例をご紹介します。

床置きスタイル

床置きスタイル

床に置く伝統的なデザインのお仏壇と相性のよい、クラシカルなお盆飾りです。ポイントは、両側に置いた大きな行灯(あんどん)、そして様式美あふれるお仏具たち。伝統の美しさが、お仏壇はもちろん、和室のインテリアにも調和します。

行灯 ゆり山水

①行灯
ゆり山水 ×2※1

新型提灯 みやび 黒 対

②新型提灯
みやび
黒 対

霊前灯 張1号 黒 対

③霊前灯
張1号
黒 対

盆棚 3段 83cm

④盆棚
3段
83cm

3段盆棚用 金襴どんす

⑤3段盆棚用
金襴どんす

お盆用品12点セット

⑥お盆用品12点セット

十三仏 堀部修一 作 4尺

⑦十三仏
堀部修一 作
4尺

飾り台

⑧飾り台

花瓶 銀彩ピンク 8号

⑨花瓶
銀彩ピンク
8号 ×2※1

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

上置きスタイル

上置きスタイル

台の上に置くトラディショナルデザインのお仏壇におすすめのお盆飾りです。伝統的な様式美の中にも、モダンな感性が感じられるアイテムを厳選しました。和室はもちろん、洋室にも自然に調和します

新型提灯 立花 芙蓉

①新型提灯
立花
芙蓉 ×2※1

新型提灯 ひまり ピンク 対

②新型提灯
ひまり ピンク

盆棚 2段 54cm

③盆棚
2段
54cm

2段盆棚 54cm用 どんす ベージュ

④2段盆棚
54cm用
どんす ベージュ

盆花 銀

⑤盆花
銀 ×2※1

盆花用花瓶

⑥盆花用花瓶 ×2※1

盛器 5寸

⑦盛器
5寸

御霊具膳 PC 5寸

⑧御霊具膳
PC
5寸

精進料理セット ご先祖さま

⑨精進料理セット
ご先祖さま

飾り台

⑩飾り台

ちりめん 牛馬飾りほおずきセット

⑪ちりめん
牛馬飾りほおずきセット

花瓶 サンキライ 8号

⑫花瓶
サンキライ
8号 ×2※1

※1 写真では複数使用しています。

>使用しているお盆用品の詳細はこちら

実際にお飾りする際の注意点

ここからは、実際にご自宅でお盆提灯をお飾りする際の主な注意点をご説明いたします。

お盆提灯の状態確認

提灯の火袋

提灯などのお盆用品を準備されたら、なるべく早めに開封しましょう。

お盆提灯は、一つ一つ家内制手工業の手作りで行われていることが多く、検品は十分行われていますが、まれに

  • 火袋に穴が開いている 
  • 電灯がつかない

などの不具合が発生することがございます。

季節商品ですので、場合によっては同じものとの交換ができません。ご注意ください。

飾りスペース周辺のコンセント差込口の数

コンセントのイメージ画像

また、意外と見落としがちなのがコンセントの差込口の数です。お仏壇はほとんどの場合ライトがつくようになっているので、お仏壇周辺であればコンセントは近くにあると思いますが、場合によっては数が足りない可能性もあります。事前にテーブルタップなどをご用意しておくと、後からあわてなくて済みますので安心です。

また、コードの無いタイプの新型のお提灯もあり、コードを気にせずすっきりとお飾りをすることができます。

お盆提灯の飾り方に関するQA

  • お盆…新暦の8月13日から16日(または旧暦の7月13日から16日)にかけて、ご先祖様の霊をご自宅にお迎えして供養を行う仏教行事。
  • お盆提灯…お盆の際に飾る提灯のこと。故人様やご先祖様が迷わずにご自宅に帰って来られるための目印や、おもてなしのためのお飾り(お供え)としての意味がある。

Q1.霊前灯のサイズは小ぶりなものが一般的なのでしょうか?

今年新盆を迎えるにあたり、ホームセンターのお盆売場で高さ約90cmの霊前灯を1対購入しました。しかし、お盆提灯の飾りの例を見たところ、どれも小ぶりの霊前灯ばかりが載っていました。霊前灯は小ぶりなものが一般的なのでしょうか?

A.確かにコンパクトなサイズのものが多いですが、サイズに決まりはありませんので、ご購入いただいたお提灯をご使用いただき問題ございません。

霊前灯は、盆棚などの上やお位牌の脇にお飾りできるようコンパクトなサイズのものが多いですが、サイズに決まりはありませんのでご購入いただいたお提灯をご使用いただき問題ございません。

Q2.お盆提灯を飾る期間について教えてください。

一般的に、お盆の提灯はいつからいつまで飾るものでしょうか?

A.お盆の月に入ったら飾り付けを行い、お盆が終わった17日以降に片付けるのが一般的とされています。

はっきりとした決まりはありませんが、お盆の月に入ったら飾り付けを行い、お盆が終わった17日以降に片付けるのが一般的とされています。ただし、地域によっては異なる場合もございます。

Q3.お盆の提灯はどこに飾るものですか?

お盆の提灯はどこに飾るものですか?

A.お盆提灯を飾る場所は提灯の種類によって異なりますので、下記をご参照ください。

お盆提灯を飾る場所は提灯の種類によって異なりますので、下記をご参照ください。

門提灯:玄関や門柱に飾ります。縁側や軒先に飾ることもあります。
吊り提灯:仏間やお盆飾りをしている部屋に飾ります。縁側や軒先に飾ることもあります。
置き提灯(行灯・霊前灯):仏間やお盆飾りをしている部屋に飾ります。対の場合は盆棚の両脇に飾るのが一般的です。

Q4.お盆提灯は一対飾るのが一般的なのですか?

お盆提灯は、単品のものと対になっているものがありますが、一対でお飾りするのが一般的なのでしょうか?

A.「中道」という仏教の教えに基づき、お盆提灯は一対(左右対称)で飾るのが一般的ですが、近年では、住宅のご事情により難しい場合には必ずしも一対でなくともよいとされています。

仏壇のデザインや仏具の置き方は、「様々な欲望に惑わされずに真っすぐに生きる」という仏教の教え(中道)に基づき、左右対称であることが大切とされています。よって、お盆提灯も一対で飾るのが一般的です。しかし、近年は住宅事情の変化によりお提灯を一対で飾るのが難しい場合も増えていることから、状況によっては必ずしも一対でなくともよいとされています。

Q5.お盆提灯は、1日中灯りをつけたままでも大丈夫ですか?

お盆提灯は、朝から晩まで1日中つけたままでも大丈夫なのでしょうか?火袋がこげたりしそうで不安なのですが、問題ないのでしょうか。

A.1日中つけておくのは避けていただき、外が暗くなってきた夕方頃から2~3時間程度灯していただき、ご就寝の前には消していただく形が安全かと存じます。

例え電球であっても、1日中つけておくと電球が切れやすくなったり、火袋のが変色しやすくなったりするため避けていただいた方がいいでしょう。お盆の期間中は、外が暗くなってきた夕方頃から2~3時間程度灯していただき、ご就寝の前には消していただく形が安全かと存じます。