お盆提灯を飾る場所に関する基礎知識

お盆提灯を飾る場所に関する基礎知識
「お盆提灯を飾る場所」に関する基礎知識をご紹介します。
  • お盆…新暦の8月13日から16日(または旧暦の7月13日から16日)にかけて、ご先祖様の霊をご自宅にお迎えして供養を行う仏教行事。
  • お盆提灯…お盆の際に飾る提灯のこと。故人様やご先祖様が迷わずにご自宅に帰って来られるための目印や、おもてなしのためのお飾り(お供え)としての意味がある。

Q1.お盆の提灯はどこに飾るものですか?

お盆の提灯はどこに飾るものですか?

A.お盆提灯を飾る場所は提灯の種類によって異なりますので、下記をご参照ください。

門提灯:玄関や門柱に飾ります。縁側や軒先に飾ることもあります。

吊り提灯:仏間やお盆飾りをしている部屋に飾ります。縁側や軒先に飾ることもあります。

置き提灯(行灯・霊前灯):仏間やお盆飾りをしている部屋に飾ります。対の場合は盆棚の両脇に飾るのが一般的です。

この他にも、仏事に関する心配事や不明点などございましたら、お近くのはせがわの店舗、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

通話無料

受付時間 10:00〜17:00(不定休)

phone いい なむなむ 0120-11-7676